スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

Minority

今年も気付けばもうあと2ヶ月なくて

早くもお店にはクリスマスツリーが飾ってあったりして

キラキラしてんのに見惚れて

でも今年も独りだなとか思って悲しくなって

白い吐息と一緒に消えたくなった。




そういえば

いつからサンタクロースを信じなくなったんだろう??

あの頃が一番クリスマスが楽しかった気がするんだ

今じゃせいぜいコンビニで買ったケーキを食うぐらいだ

友達は彼女と一緒

マイノリティーなボクは今年も独りだ




ギターを鳴らせ

ギターを鳴らせ

アンプの音量MAXで

キーンと耳が壊れるくらい

ただずっと我武者羅に

コードなんか気にするな

それがボクの聖歌だから

ボクからボクへ

青色蹴散らすクリスマスプレゼント

独りよがりのオナニープレイ
スポンサーサイト
21:57 | | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

偽翼 Re:アポロン

キミの優しさに焦がれて

自分の醜態に凍えた

キミはココロまで美しかった

ボクはココロまで醜かった

キミは自分のミチを歩いてるのに

ボクは暗い穴に堕ち続けてる

キミの声は心まで響くのに

ボクの声は誰にもにも届かない

暗い暗い穴の中

ただただムシのようにのたうっていた

ヒカリなんか知らなかった

だからキミはボクには眩しすぎたんだ

だからどうしてもキミが欲しくなった

太陽に憧れたアポロンみたいに

またボクのツバサも焼けただれてしまった

またボクも堕ちてしまった

叶わないカタオモイ

ただ残る冷たいカラダ
21:52 | | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

低体温

ボクの心(セカイ)があと1センチ広かったら

キミと笑えたかもしれない

あと10センチ広かったら

キミを守れたかもしれない

幾ら頑張ったところで

ボクは聖人にはなれないだろう

きっと偽善に終わってしまう気がする

でも頑張ってみたいんだ

いつか本当のコタエが見つかる気がするから

そんな事を考えたりして

音楽聴きながら過ごす

お昼休みや独りの帰り道

そんな時間がボクの36度5分(ニチジョウ)なんだ

00:38 | | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

壊恋

イタイ

ただそれだけのはずなのに

ボクの心が悲鳴をあげる

なんで

簡単に忘れられちゃう人もいるけど

今のボクにはそれができない

悲しすぎる

ケータイ弄るたびに

この気持ちが沸き起こる

だったらこのケータイを消してしまおうか

だけどそれができない

なんせボクはチキン坊や

肝心なトコでテンパってしまう

いつになったらボクは大人になれるんだろう

無駄な知識ばかりは増えていくのに

心はいつまでも幼いままで

いつになったら周りが見えてくるのだろう

偽善者になるのは簡単なのに

自分のことしか見えてなくて

こんな気持ちを少しでも忘れられるように

今はヘッドホンから大量に音を垂れ流す

開いたページの黒い活字で視界を覆う

ただひたすらに世界とボクを遮断する

イタイ痛い居たい異体



久しぶりに詩を書いてみたよ

まさに今のオイラな感じ

曲にはできる気がしないけど

いつか少し弄って曲にできたらいいなって思うんだ
12:42 | | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。